×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

定年退職挨拶と挨拶状の書き方

退職挨拶と退職挨拶文例・例文で一番多いのが、定年退職の挨拶だと思います。長年仕事でお世話になった方々への挨拶は、大切にしなければいけないことですね。長年のお礼だけでなく、仕事の引継や後継人事など、伝えておかなければならない事はたくさんあると思います。そして、今後の連絡先などを直接お会いして退職の挨拶をしたり退職挨拶状の準備をして新たな気持ちで退職日を迎えたいものです。退職挨拶状も一般的な挨拶文・得意先への挨拶文・友人・知人への挨拶文などがありますが、基本的に退職の詳しい説明は不要で、「一身上の都合により」や「定年退職により」と慣用句を用いて表現しても失礼になりません。退職挨拶文例で言うと、基本的には、在職中に受けた厚情へのお礼と、退職後もそれまで通りの親しいおつきあいをしていきたいという、二つの要素で成り立たせます。定年退職の挨拶や挨拶状は、どうしてもある種の寂しさを感じます。退職後の生活設計も述べて、現役としての気構えを見せた退職挨拶や挨拶文にするといいでしょう。

転職退職挨拶・挨拶状と結婚退職挨拶・挨拶状

転職退職挨拶と挨拶状や結婚退職挨拶と挨拶状も退職挨拶と要領は変わりませんが、転職退職の挨拶の場合、就職先の会社名・ポストまで書いても良いですし、「第二の職場を得て」という曖昧な表現を使っても失礼にはなりません。結婚・出産などの慶事の退職挨拶の場合は退職の理由を「結婚の為」「出産の為」「一身上の都合」などの表現で大丈夫でしょう。日本の社会、とくにビジネスにおいては「礼儀」は非常に重要視されます。退職の挨拶状も例外ではありません。書式や形式などを守って退職挨拶状を書くことが求められます。「前文の挨拶」から始まり、「主文」、「末文の挨拶」といった基本的なフォーマットで書くようにします。当然、退職挨拶状の基本である「頭語」と「結語」、時候の挨拶などは正確に使うように心掛けましょう。 礼儀は大切ですが、だからといって決り文句や常套句ばかりの退職挨拶状では、感謝の気持ちは伝わりません。手紙を書く上での礼儀を守りながらも、自分の言葉を使い感謝の気持ちを伝えるように表現することが大切です。

退職挨拶状の構成と文例を考えてみよう!

退職挨拶と挨拶状の構成は「頭語・時候の挨拶・退職の通知・在職中の御礼・今後の予定・今後のお願い・結語」これが退職挨拶状の構成になります。では、退職挨拶状の文例と例文は、「さて、私議、このたび一身上の都合により株式会社○○○○を○月末日をもって退社することになりました。」「○年に及ぶ在職期間中はひとかたならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。」「今後は故郷に戻り、○×会社に部長として着任する予定でございます。落ち着きましたら、改めてご挨拶申し上げます。」「今まで親しくしていただきました皆様とは遠く離れてしまいますが、今後とも今まで同様変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます。」このような退職挨拶と挨拶状を書くようにしましょう。また、転職の場合の退職であれば、退職からの経緯に軽く触れながら、主に新しい仕事への意気込みに重点をおいて書くようにします。また、定年退職の場合は、趣味やボランティア、家族旅行など今後力をいれていきたいことがらを書くと前向きな印象の手紙になります。

Copyright © 2007 退職挨拶と退職挨拶文例・例文